【2019年版】紀の川バス釣りおかっぱりおすすめポイントマップ

紀の川おかっぱりバス釣りポイント紀の川

和歌山県が誇る1級河川

「紀の川」

ブラックバス釣りにおいても注目されており

過去に実釣に訪れた方は、

・菊元俊文さん

・村上晴彦さん

・金森隆志さん

・青木大介さん

・福島健さん

・国保誠さん

・マスゲンさん

etc…

そして2019年には、藤田京弥さんや加木屋守ことマーモさんも実釣に来られて

紀の川のナイスバスを釣られてました。

 

そんな紀の川ですがバス釣りのおかっぱりのイメージとしては

紀の川=川辺ワンド。

(※川辺ワンド入口)

ではないでしょうか。

(しかもスレ過ぎて実は難しい!!)

【川辺ワンド攻略法】11/14おかっぱり釣行ブログ【和歌山バス釣り】
紀の川随一の超ハイプレッシャーポイント、「川辺ワンドの攻略法」を公開します。

 

いえいえ、紀の川は

川辺ワンドだけでは

ございません!!

 

なので今回は紀の川バス釣り歴14年の僕が

実際に釣った事のある、

【2019年最新版】

紀の川バス釣り

『おすすめ』

おかっぱりポイント

をご紹介いたします!!

 

※本当に釣れるポイントですので、

くれぐれもマナーを守って頂くよう

ご協力をお願いいたしますm(__)m

紀の川おかっぱりポイント①田井ノ瀬逆ワンド

おそらく川辺ワンドに次ぐ人気おかっぱりポイントの、

通称、田井ノ瀬逆ワンドです。

 

バスのストック量は多いポイントですが、

それにともないアングラーの数も多く、

激スレポイントとなっております(笑)

 

フィネスアプローチが得意な方はぜひ挑んでみて下さい!

 

ちなみに青木大介さん

2019年の雑誌取材でこのポイントで

得意のサイトで沈む虫をつかった釣りで

でかバスをボコボコに釣っておられました(笑)

(※田井ノ瀬逆ワンドの中です。)

 

ちなみに僕のオススメの釣り方は、

4月~6月のスポーニングを意識して

ブッシュに入り込んできたバスに対し、

シャッドテールワームをブッシュに入れ込んだ釣り

で実績が出ておりますのでご参考までに。。

 

タイミングが良ければスイムベイトでも釣れたりします(^^)

紀の川おかっぱりポイント②田井ノ瀬橋下テトラ帯

田井ノ瀬の護岸際の最下流部です。

少し沖までテトラが沈んでいるポイントになります。

 

その沈んだテトラにバスは着いているので、

基本的にワームをテトラにコンタクトさせて釣っていきます。

 

またタイミングが合えば、

フロッグハネモノ等にもアタックしてきます。

紀の川おかっぱりポイント③川辺ワンド下流側テトラ帯

川辺ワンドの下流側にこのようなテトラが

何メートルにも渡って設置されているのですが、

 

川辺ワンドをやるくらいならこっちの方が

実は釣れます。

 

しかも、

数は少ないのですが

いればヤル気のバスが多く、

巻物にアタックしてきます。

 

僕の過去の実績では、

夏~秋にかけて

チャターベイトで連発しています。

またトップビッグベイトでも実績があるポイントです。

紀の川おかっぱりポイント④中流水門

こちらのポイントは水門からの流れ込みがあったり、

テトラでできた岬があったり、

またその岬に当たった流れが巻いていたり、

いかにも釣れそうなポイントです。

 

そしてその影響でブラックバスに限らず、

色々な魚が多数ストックされているポイントです。

 

またその下流側がワンド状になっており、

こちらもいかにも!なポイントとなっております。

僕の過去の実績では、

スポーニングシーズンにラバージグや、

夏場にネコリグで釣果が挙がっております。

上手な方でしたらビッグベイトでの釣果も挙がっておりますので、

チャレンジしてみて下さい!!

紀の川おかっぱりポイント⑤紀の川大橋下

こちらの写真は紀の川大橋の橋脚部です。

 

この橋脚付近でも釣果はあるのですが、

僕のオススメはこの少し上流側です。

 

写真にあるようにテトラが上流にも設置されており、

スポーニング時にそのテトラ周辺にバスが差してくるので

そこをワームスモラバで狙います。

紀の川おかっぱりポイント⑥下流水門

ここも超有名ポイントで、

ブラックバスもアングラーも常にいます(笑)

 

なので、沈む虫などの

フィネスなアプローチが必須となります。

【インプレ】沈み蟲はおかっぱりで沈む虫系ワーム最強説
おかっぱり最強の沈む虫系ワームは一誠の沈み蟲です。その理由を解説いたします!!

紀の川おかっぱり最強ポイント①

はい、出ました。

 

ズバリ公開します。

ここが

紀の川おかっぱり

最強ポイントです(笑)

(通称=パタパタポイント①)

 

写真では少し分かりにくいのですが、

先ほどの下流水門ポイントのさらに下流にあります。

 

ここには吸い込み口?とその周辺にオイルフェンスがあり、

なおかつそこにブレイクが絡み、

カバーも沈んでいるという

紀の川の中でも超1級ポイントです。

 

 

写真中央をよく見ると鉄板のジグザグが沖まで沈んでいます。

このジグザグに着いたバスを巻き物で狙います。

 

ここではスピナーベイトチャターベイトで実績があります。

紀の川おかっぱり最強ポイント②

はい、出ました。

(2回目)

 

紀の川おかっぱり

最強ポイントとして

こちらも譲れません。

(通称=パタパタポイント②)

 

むしろこちらのポイントは

足場が良ので、

彼女や家族とでも楽しめるポイントになります。

 

そして何といっても、

釣れる。

 

ブラックバスが居着いているというよりも、

回遊してくるイメージです。

(※下流向き)

 

この護岸沿いの足元を狙ったり、

沖には色々沈んでいるので

そこにルアーをコンタクトさせると釣れます。

(ジャークベイトで足元を狙ったバス)

(ナマズもいます 笑)

 

ココは回遊してくるフレッシュなバスを狙うので、

色々なルアーで実績があります。

最後に(重要)

以上、

2019年最新版紀の川バス釣りおかっぱり攻略ポイント

公開させて頂きました。

実際にすべて僕が釣ったポイントなので

信頼度は高い

です(笑)

 

もうひとつ、

紀の川のブラックバスを釣るうえで重要なのが

 

タイミングです。

 

上記のポイントで釣れなくても

タイミングを変えて

入りなおしてみて下さい。

きっといいバスに巡り合えると思います(^^)

 

▼▼こちらの記事も(^^♪▼▼

【2019年総括】和歌山県紀の川バス釣りでおすすめルアーまとめ。
2019年度バス釣り総括シリーズ第①弾は(シリーズ化はあくまでも予定w)和歌山県紀の川で実際にバスを釣ったおすすめルアーまとめ。です!!
【川辺ワンド攻略法】11/14おかっぱり釣行ブログ【和歌山バス釣り】
紀の川随一の超ハイプレッシャーポイント、「川辺ワンドの攻略法」を公開します。
【紀の川おかっぱり】2019年8月22日釣行ブログ【50UPの釣り方】
和歌山県紀の川産、「 50アップ!! 」ほんと久しぶりに紀の川で50アップ釣りました。ちなみにジャスト50㎝です。それではこちらのかっこええバスにたどり着くまでの道のりを書いていきたいと思います。






コメント

  1. 広本 より:

    はじめまして。
    楽しく拝見させて頂きました。
    最強ポイント②の詳しい場所をよろしければ教えて下さい。
    紀の川には行った事がないので、よろしくお願いいたします。

    • patapatapatapata より:

      広本様、
      はじめまして!
      紀の川はまだ行かれていないという事ですが、
      他のポイントの場所は分かりますか?
      最強ポイント2は川辺ワンド、田井ノ瀬ワンドのさらに下流側になります!

      • 広本 より:

        お返事有難うございます。
        川辺ワンドは、ネットで調べたのでなんとなくわかります。
        下流ということは、シーバスも釣れますか?

        • patapatapatapata より:

          釣ってる方はいらっしゃるようですね!
          僕は釣ったことはありませんが(^^;)
          シーバスも狙われるのでしたら、
          紀の川大堰より下流が良いかと思います!

  2. 広本 より:

    お返事有難うございます。
    川辺ワンドは、ネットで調べたのでなんとなくわかります。
    下流ということは、シーバスも釣れますか?

タイトルとURLをコピーしました