【紀の川おかっぱり】2019年9月4日釣行ブログ【沈む虫】

紀の川バス釣り紀の川

今回もやってきたのは和歌山県、

「紀の川」。

 

結果は、、

 

紀の川バス釣り

 

40㎝アップ、

GET~~!!

(^O^)/

 

このバスにたどり着くまではすこし苦戦しました。。

 

まだまだ「夏」パターンだろうということで、

最初に「水門」のポイントへむかいました。

【2019年版】紀の川バス釣りおかっぱりおすすめポイントマップ

 

見えバスいっぱい(^O^)/

 

しかしアプローチをミスってしまい、

口を使ってくれず。。

 

ルアーに反応はしてくれるので、

上手な方はしっかり釣れると思うのですが、

僕には…(´;ω;`)

 

気をとりなおして次のポイントへGO!!

 

やってきたのは

田井ノ瀬。

 

流れが効いているであろう先端のポイントへ向かいます。

 

しかし人気のポイントなのでまずは先行者がいるかいないかのチェック。

 

車が1台。。

 

一応、ポイントまで歩いてむかっていくと、、

 

やっぱり先行者の方が、、

 

僕はジャマにならないように反対方向から始めます。

 

ここで試してみたかったのが、

 

「メタルバイブ」。

 

サマーメタルやら夏メタルやら言われてますが、

冬のイメージが強い鉄板を夏に使ってやろうというやつですね!

 

えらんだのは、

一誠/

ザリメタル

 

このザリメタルは他のと比べると

①重さに対してよく水を押してくれ、
②フォール時はランダムにフォールするので見切られにくい

ので愛用させてもらってます(*^^*)

 

まずはブレイクから狙います。

 

次に対岸へ。

 

使っているタックルが白震斬

プラスPEなので、

クッソ飛ぶ(笑)

しかも遠投した先でも操作がめちゃめちゃしやすい!

 

しかしこれでも紀の川バスからは反応なし。

 

もう一度ブレイク+流れのヨレが絡むポイントへ。

 

リフト&フォールで攻めていきます。

 

ブルブル、

 

スー…。

 

ブルブルブル、、

 

スー…。

 

ブ、、ッ!!!!

 

 

 

食った…!!!!

 

 

 

 

…はずれた(T-T)/

 

そしてこのあと、ザリメタルちゃんは帰らぬ人となりました。。

 

…さーて気をとりなおしまして、

 

先ほどのバイトをヒントに

を意識していくことに。

 

ここで最終兵器を投入します(本気と書いてマジ)

 

一誠/

沈み蟲

 

 

ネイルリグで攻めていきます。

 

下流方向へむかいながら流していきます。

 

ここで流れ+カバーが絡む、

いかにもなポイントを発見。

 

ここは絶対いると仮定して慎重にアプローチをします。

 

ルアーのトレースラインを変えてながらしつこくアプローチ。

 

少し下流側からカバーの向こうへキャスト。

 

水中に沈んでいるモノに沈み蟲を絡ませていきます。

 

3つめくらいの障害物を乗り越えた時です。

 

…バイト!!!!

 

めっちゃ引く!!

 

ジャンプしないので

鯉の予感。。

 

自慢のハートランド白震斬で魚を気持ちよく、いなしていきます。

 

見えてきた魚体は、、

 

ブラックバス。

 

そして無事にキャッチ。

 

紀の川バス釣り

 

紀の川バス釣り

 

紀の川産、

40アップバス

降臨。

 

紀の川バス釣り

 

このファイトをしてる時に先ほどの先行者の方が駆けつける。

 

僕より興奮されてました(笑)

 

やっぱりあからさまな1級ポイントにはちゃんといますね!

 

このあとに仕事があるのでこのバスを釣って納竿としました♪

 

紀の川のバスって個体数は少ないですが、

いるところにはしっかりいる!

というのが僕の紀の川バスのイメージですね。

 

もう言うてるまに秋の巻物パターンや落ちアユパターンのシーズンになりますので

秋のバス釣りを楽しんでいきましょう(^^♪

 

【紀の川おかっぱり】2019年9月2日釣行ブログ【バズベイト炸裂】

【紀の川おかっぱり】2019年8月22日釣行ブログ【50UPの釣り方】



コメント

タイトルとURLをコピーしました