【根掛かり怖くない】ルアー回収機比較おすすめランキング!

根掛かり対策にルアー回収機まとめ

今回はルアー回収機についての記事です!

ブラックバスをもっと釣りたいけど根掛かりが怖くて…

ルアー回収機ってどうなの?

こういった疑問にお応えしますッ!!

※特におかっぱりバス釣りアングラーに向けて書きました(^^♪

ルアー回収機の必要性(メリット)

この記事を読んで頂いてる方はおそらく

ルアー回収機を

買おうか悩まれている…

ところだと思います。

なのでルアー回収機の必要性(メリット)についてお話しします(^^♪

ルアー回収機のメリットは、

①根掛かりしたルアーが回収できるかもしれない!

②なのでより強気に攻めれる!

③つまり魚の釣れる可能性が高まる!

④しかも環境にも優しい!

です。

根掛かりしたルアーが回収できるかもしれない!

まず①の

根掛かりしたルアーが回収できるかもしれないについて。

「かもしれない」。

がポイントですね(笑)

「絶対」ではございません!

(コツなどもあります)

しかし、この後に紹介しますが、

ダイワのルアーキャッチャーの値段が、

約¥2,000くらいなんですね。

つまり、

根掛かりしたルアーを

2個回収できれば

元が取れるのです!

 

…もうこの時点でおかっぱりアングラーは必須だという事が分かります(笑)

なのでより強気に攻めれる!

根掛かりしたルアーが回収しやすくなるという事は、

根掛かりなんて怖くないぜ!

モードに入れるという事です(笑)

なので「今まで躊躇してたけど、でもココ絶対魚いてるやろ。」的なポイントをガンガン強気で攻めれるようになります。

つまり魚の釣れる可能性が高まる!

今までより複雑なカバーにタイトに攻めれる。。

つまり、

釣れる魚が増える。

という事です。

とても単純(笑)

しかも環境にも優しい!

しかも!!

ロストしていたであろうルアーが回収できる…

環境(地球)にも優しい(^O^)/

今の時代、バス釣りに対して世間からは厳しい風が吹いております。。

だからこそ私たちのリテラシーの向上がより必要になってくるのですッ!!

(急にキャラ変わった)

ルアー回収機の種類・使い方

それでは次に

ルアー回収機の種類と使い方を解説いたします♪

ルアー回収機には基本的に2種類あります。

ロープタイプ

こちらのロープタイプはおかっぱりの方から人気ですね。

ボートからの釣りと違っておかっぱりは足場が限定されるため、

根掛かりした場合ルアーとの距離が離れている事があります。

こういう場合はこのロープタイプの出番となります。

ロープの長さは約15mくらいで使い方は、

根掛かりしたルアーのラインに装着し、そのままルアーまで滑らせて、水中で根掛かりしているルアーのフックやスナップに引っ掛けて回収します。

スティックタイプ

こちらのスティックタイプは手で持って根掛かりしたルアーに直接スティックをねじ込み回収します。

なので近距離が得意になるのでおかっぱりよりもボートからの方が適しています。

スティック自体は伸縮性になっており、長いものだと4mくらいの長さまで伸ばせます。

ルアー回収機ランキング

それではいよいよルアー回収機比較おすすめランキングの発表です!

他のサイトも参考にさせて頂いたので間違いないかと思います(笑)

エバーグリーン ルアー回収器 B-TRUE スライドシャフト

■B-TRUE スライドシャフト400

【シャフト本体】全長:400cm / 仕舞寸法:51cm

【リカバリートップ】全長:7.5cm

【重さ】520g

こちらはあのバス釣りメーカーとしては泣く子も黙る、

エバーグリーンから発売のスティックタイプのルアー回収機です。

こちらのおすすめポイントは最大4mまで伸びる事です。

なのに仕舞寸法は51㎝とおかっぱりでも持ち運びできる。

値段が少し…ですが、その分エバーグリーンクオリティが凝縮されております。

【オススメ度】★★★☆☆

ルーバウノ(LUUBA UNO)

■ルーバウノ(LUUBA UNO)

【ロープ長さ】約20m

【重さ】100g

こちらはAmazonでも星4つと高評価のロープタイプのルアー回収機です。

またカラーも全8色と様々なバリエーションがあるので、女性の方にも人気の商品です。

さらに暗い水中でも分かりやすいよう蓄光素材を使用しておりこちらも値段以上のパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

【オススメ度】★★★★☆

ダイワ ルアーキャッチャー

■ダイワ ルアーキャッチャー

【ロープ長さ】約15m

【重さ】100g

出ました(笑)ルアー回収機といえばコイツ。ド定番中のド定番。おかっぱりのマストアイテム。

Amazonでも評価はブッチ切っております。

ロープの長さは先ほどご紹介したルーバには劣りますが何と言ってもその価格。

間違いなく、

お!値段以上。

【オススメ度】★★★★★

ちなみにさらに重りの重量をアップさせた

ヘビーウェイトモデルもございます。

■ダイワ ルアーキャッチャーヘビー

ルアー回収機比較おすすめランキングまとめ

以上、おかっぱりのバス釣りにおいての必需品、

ルアー回収機おすすめランキングでした!

最後にまとめます(^^♪

①根掛かりしたルアーが回収できる
②なのでよりカバーが攻めれる
③つまりより魚が釣れる
④環境にも優しい
⑤おかっぱりにはロープタイプがおすすめ
⑥絶対回収できる訳ではない
⑦定番はダイワのルアーキャッチャー

▼商品ページはコチラ(^^♪▼

▼コチラの記事も(^^♪▼

【釣り用スナップ】おすすめコスパ最強比較まとめ!【必需品小物】
僕の釣りにおいて無くてはならない絶対的必需品、『スナップ』。その必要性の説明と、数あるスナップの比較、おすすめスナップのご紹介をしたいと思います(^^♪
【2019年総括】今年買ってよかった釣り具ランキングBEST5。
管理人的、今年買ってよかった釣り具ランキングBEST5を発表いたします(^^♪
【フィッシュグリップ】コスパ最強おすすめ比較ランキング!
今回は釣り人の必需品!?フィッシュグリップについての記事です。「どのフィッシュグリップがおすすめなんだろう…」「そもそも、フィッシュグリップの必要性は?」こんな悩みにお応えします(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました