【岸釣りロッド】おかっぱりに1本だけ持っていくなら?【最強は?】

テクニック

おかっぱりアングラー

永遠の悩み(?)

であろう、

 

「今日はどのロッドを

持っていこう…」

 

や、

 

「ベイトとスピニングの

両方持っていきたいけど、

竿2本を持ち歩くのは…」

 

今回はそんな悩みに対する

解決策を

ご紹介いたします。

 

いきなり結論から言っちゃいます(笑)

いきなり結論

すなわち、

長くて(7フィート4インチ以上)

硬めの(Mアクション前後)

スピニングで

PEラインを

使用する。

です!!

 

おかっぱりにおいてはコレが

間違いなく

「最強」

です。

まさしく

岸釣りで無双

ができます(笑)

 

次でその

「3つの理由」

を解説していきます!!

長くて硬めのスピニングでPEラインの理由

スモラバからハネモノまで投げれる

まずスピニングを選ぶ時点で

ベイトリールと違い、

基本的にバックラッシュの心配が無いので

軽いルアー・ワーム

が安心して

投げれます。

 

また、このタックルだと

ダッジくらいのハネモノなら

投げれます。

 

ちなみに僕は

フロッグ、バズベイト、スイムベイト

なんかもやっちゃいます(笑)

 

ただし、

すべて快適に使えるかといわれると

答えはNOです。

 

あくまでも、

使うことができる

というレベルです。

 

しかし、

これだけのルアーを幅広く使える時点で

十分だと僕は考えております。

遠投ができて、操作もできる

先ほどにも書きましたがベイトリールと違い

バックラッシュの心配が無いので、

 

思いっきりブン投げれます。

(冬の定番の鉄板なんかは果てしなく飛びます。笑)

 

またPEラインを使うことによって

遠投した先でも、

細かいアクションができたり、

フッキングも

決まりやすくなります。

 

持ち運びが便利

そして7フィート4インチ以上のロッドだと

2ピースモデルが基本となるため、

持ち運びが便利になります。

 

またロッドを車に乗せる際にも短いため、

すんなり乗せれますし、

何と言ってもロッドが、

目立たないので

いつも安心して後ろに乗せておけます(笑)

まとめ

これらをまとめると、

実はバスロッドというよりも

エギングロッド

が適しており、

かくいう僕も以前は中古で買った

8フィートのエギングロッド

でやっていました。(笑)

■ダイワ/エメラルダス

 

過去形なのはこの記事を書いている現在は、

村上晴彦さんプロデュースの

ハートランドの白震斬

愛用しているからです。

白震斬のインプレ記事はコチラ!!

 

おかっぱりでアレもコレもルアーを投げたいけど

竿が無い。。

という方はまずはお手頃価格

エギングロッド

で試してみてはいかがでしょうか(^^)/♪

▼▼こちらの記事も(^^♪▼▼

【保存版】ジャークベイトおすすめ30選。【人気まとめ】

【決定版】バス釣りおかっぱりマジでおすすめルアー5選

【インプレ】沈み蟲はおかっぱりで沈む虫系ワーム最強説






コメント

タイトルとURLをコピーしました