【和歌山】11月13日おかっぱり釣行ブログ【野池・紀の川】

和歌山野池バス釣り紀の川

この日は仕事はお休み♪

という事でもうひとつの「仕事」(?)、

釣りの日。

 

釣果の方は、、

 

バス釣り和歌山野池メタル

 

バス釣り和歌山野池メタル

 

30㎝ちょい×1、

20㎝ちょい×1、

合計2匹でした!!

 

それでは詳細です↓↓↓

 

朝、すこし寝坊(9:00起床)。

 

この日は新規開拓デー!!

 

というより前々から気になっていた野池に向かう事に。

 

今日は人おらん(^O^)/

(You Tubeでよく上がってる野池)

 

しかしかなりの減水&激濁り。。

 

色々試しましたがバイトすらない状況だったので見切る事に。

(バスいるの?レベル)

 

結局マイホーム野池へ♪

 

ん~何からしよう。。

 

やっぱり巻きたいしな~。。

 

💡

 

バイブレーションに

決定。

 

レベルバイブ・ザリバイブ・TN50トリゴンをローテションさせていく。

 

 

ノーバイツ(^O^)/

 

 

最近、急激に冷え込みすぎて

バスの活性もかなり低下していると予測。

 

水も汚いし。

 

バス釣り和歌山野池メタル

(色も悪いし、泡が消えない。。)

 

ってなると、

メタルしかないやん。

 

この日の当たりアクションは何なのかを検証するため、

・ただ巻き(速・遅)

・リフト&フォール(大・小)

を使い分けてまずは護岸側を攻めていく。

 

そして護岸側の端に来たところでバイト!!

 

野池にしてはマシなサイズそうな重みを感じる。

 

ていうか魚、

引けへん(笑)

(ただ重いだけ)

 

手前に寄ってきたところで

やっと動き出すバス(笑)

 

よく見たらリヤフック一本やし(笑)

 

待望の1匹目なので慎重にやりとりをします。

 

バスが観念したであろうタイミングで抜き上げ。

 

バス釣り和歌山野池メタル

 

30㎝ちょいの

マシなやつ!!

 

このバスの釣り方は、

リフト&フォール(大)。

食ってきた場所は手前近くの護岸際のブレイクの底と予測。

バス自体もかなり冷たかったところから、

やはり急激な気温低下で水温も下がり、水質の悪化、バスの活性も下がり底にベッタリな様子。

 

でもまだ、

 

 

正解では

ないかもしれない。

 

 

次は来たところを、

リフト&フォール(大)の回数を少なくして往復して検証する事に。

 

一番深いであろう池の真ん中は食わないのね。。

 

そうこうしているうちに、

護岸されていない岸のブレイクの底でバイト!!

 

バイト??

 

ちが、

 

 

…バイト!!(笑)

 

 

バスが引かなさすぎて疑うレベル!(笑)

 

 

バス釣り和歌山野池メタル

 

上がってきたのは可愛らしいサイズ♪

 

このバスもやはり冷たい&引かない。

 

ちなみに釣り方は、

 

リフト&フォール(小)。

 

リフト&フォールを小刻みに行うヤツです。

 

 

これでピースは揃った。

 

 

この日のパターン確定。

(チェックメイト。)

 

 

「底にいるバスに対し、

メタルバイブの

リフト&フォールによる、

リアクションバイト狙い!」

(ドヤァァァ)

 

さーてこっから数を重ねていきますか♪

 

っていう意気込みは誰よりもあったんですが、

 

 

追加ならず。

 

 

何が、

 

「この日のパターン確定」、じゃ。

 

ダサッ(笑)

 

おそらくバスの目の前にはルアーを送りきりましたが追加出来なかったので次のフィールドへ。

 

 

紀の川ログイン♪

 

この紀の川においてもまずはYou Tubeで見たポイントから攻めていく事に。

 

雰囲気は十分。

 

気合も十分入れてキャストしていきます。

 

風が強いので巻きモノから♪

 

しかしここでもバイブレーションから始めましたが

不発。

 

スローな釣りへシフト。

 

最終兵器、

一誠/沈み蟲投入。

【インプレ】沈み蟲はおかっぱりで沈む虫系ワーム最強説

 

反応ナシ。

 

ここでひらめく。

 

一誠/ギルフラット投入。

 

川の流れと風向きを考慮しながらドリフトさせていく。

 

そして、バイト。

 

するもノラず。。

 

竿先をドツくような明確なバイトでしたが一瞬で吐き出した様子。

 

このあとも丁寧に探るも3匹目のバスはおあずけ。

 

つぎは期待大のポイントへ。

 

ここは、この時期のこの時間帯なら巻きモノで35㎝1匹は釣る自信があるポイント。

 

のハズでしたが、

ノーバイト!!

 

っていうかバスもギルも何もおらん!!

 

これはオカシイ。。

 

一気に寒くなりすぎやね。

 

そろそろ時間がヤバくなってきた。。

(18:00までに次男坊のお迎えに上がらなければならない。)

 

次のポイントでラスト。

 

到着したのは冬の紀の川といえばココ、

川辺ワンド。

 

 

の本流との合流地点から探って行く事に。

 

 

あっさ。

(減水で水深が浅い。)

 

 

何も見えへんし。。

 

そのまま奥に進んでいきます。

 

鯉しかおら、、

 

 

…おった♪(小バス)

 

 

とりあえず釣りたいので、

沈み蟲でチャレンジ!!

 

 

…そらそうよな。

(あっさりスルー♪)

 

 

深追いせずに反応しそうなバスを探していきます。

 

 

っていうか、

めっちゃバスおるやん。

 

 

やはり水温低下のため、温排水が流れ込む川辺ワンドにバスは集結しているようでした。

 

時間は夕方、

水深浅い、

フィネスなワームでは食わん、、

 

ダッジっしょ。

 

水面も荒れていないので、

出来る限りスローに巻いてくる。

 

ダッジがテトラに近づいたタイミングで

バイト。

 

 

不発。

 

 

からの、

 

 

もう1発バイト。

 

 

も、不発(笑)

 

 

めっちゃデカいの着いてきてたし!!

 

 

…はぁー。。

(タメ息。)

 

 

反応はあるので気を取り直して再度、チャレンジしていく。

 

水面をまるで這いつくばるようにそれくらいゆっくり泳ぐダッジ。

 

そして、

 

 

水面爆発♪♪

 

 

今度は、、

 

 

ノった(笑)

 

 

ゆっくり巻いて慎重にやるぞ。。

 

っていう作戦を立てた途端に、

 

 

ジャンプ一発、

フックアウト。

 

 

 

(´;ω;`)

 

 

 

和歌山バス釣り紀ノ川

 

夕焼けがいつもよりキレイだぜ(^^♪

(リベンジ決定♪)

 

▼▼今回のHITルアー▼▼

一誠(issei)/ザリメタル

 

▼▼こちらの記事も(^^♪▼▼

【メタルバイブおすすめ】冬のバス釣りにはコレだけでOKです。

【紀の川バス釣り】2019年10月30日釣行ブログ昼の部【晩秋】

秋~冬のバス釣りおすすめバイブレーションランキングBEST3

コメント

タイトルとURLをコピーしました